犬に禁忌なアロマ
*ご入力いただいたメールアドレス宛に後日、Office Guriの公式メルマガ「ぐり通信」を配信させていただきますのでご了承ください。

お申込みフォームに必要事項を入力して送信してください

【重要】お名前は本名を漢字で正しくご入力ください。カタカナのみ、ひらがなのみ、ローマ字のみ、およびニックネームで登録された場合はいたずらとみなし、今後一切Office Guriから情報はお受け取りいただけません。

※PCで受信可能なメールアドレスをご入力ください。携帯メール、タブレット型PC、スマートフォンには対応しておりません。あらかじめご了承ください。



メールアドレス(必須)
(必須)
(必須)
都道府県(必須)


ダメな理由_edited-1

ラベンダー精油を1kg採取するのに必要なラベンダー原料は1.5トンとも言われています。

アロマ精油は「雑貨」として扱われているため、

リラクゼーション等に気軽に取り入れられていますが

実際には植物が含む「有機化合物」を高濃度に濃縮したエッセンスなのです。

そして、精油の中には「刺激の強い成分」を含有する物も多数存在します。

想像してください。

そうした「刺激の強い成分」が、1滴の精油の中にぎゅっと濃縮されているところを。

もし、そうした精油の種類を把握せずに、気軽な気持ちで犬の肌に触れさせたり

吸入などのアロマテラピーを行った結果

愛犬にとって望ましくない結果を招いてしまう可能性があるとしたら…。

そうした「事故」や「こんなはずじゃなかった」を避けるために

しっかりと「犬への使用に向かない精油」について学んでみませんか?

理由_edited-1

大切なのは何故いけないのか、理由を知ることです

 

犬と一緒にアロマテラピーを楽しむために大切なことは、
「犬への使用には向かない精油」を知ることと、その「理由」も併せて知ることです。

 

そうすることで、飼い主さんが今後「この精油はうちの子にどうかな?」と迷った時に
ご自身で考え、判断できる手助けとなるのです。

講師紹介

講師_edited-1

犬のためのアロマテラピー石鹸:ぐり石鹸主催
Office Guri代表 / 全日本犬のホームケア普及協会 代表理事
北海道札幌市、東京都などで犬のアロマテラピー講座開講を手がける。
犬へのアロマテラピー効果を活かした「ドッグマッサージ」「ストレスケア」「シニア犬健康サポート」「犬の生活環境整備」などの知識を学ぶ講座や通信教育の企画、製品の販売を行っている。
AEAJ認定アロマテラピーインストラクター
ホリスティックケア・カウンセラー

感謝企画_edited-1

*ご入力いただいたメールアドレス宛に後日、Office Guriの公式メルマガ「ぐり通信」を配信させていただきますのでご了承ください。

お申込みフォームに必要事項を入力して送信してください

【重要】お名前は本名を漢字で正しくご入力ください。カタカナのみ、ひらがなのみ、ローマ字のみ、およびニックネームで登録された場合はいたずらとみなし、今後一切Office Guriから情報はお受け取りいただけません。

※PCで受信可能なメールアドレスをご入力ください。携帯メール、タブレット型PC、スマートフォンには対応しておりません。あらかじめご了承ください。



メールアドレス(必須)
(必須)
(必須)
都道府県(必須)